Brillia東戸塚(ブリリア東戸塚)

【公式】Brillia東戸塚 | JR横須賀線・湘南新宿ライン「東戸塚」駅(東口)徒歩6分|東京建物の新築・分譲マンション

トップ 物件概要 現地案内図

資料請求

来場予約

  • 5つの魅力
  • 東口エリアに住む
  • アクセス
  • デザイン
  • 間取り
  • モデルルーム
  • 設備・仕様
  • 構造・防犯・防災
  • Brilliaの品質
構造・防犯・防災
トップ > 構造・防犯・防災

永住の暮らしを、揺るぎない安心でしっかりと支える。万が一の地震や災害にも強い、堅牢な基礎・構造を追求。

構造 防犯 防災

構造

既成杭(プレボーリング拡大根固め工法)

全ての杭打ち箇所でボーリング調査を行いました。施工性が向上した高支持力杭工法を採用。地表面から約11m〜30m以深の堅固な地盤に既成杭(直径約700mm〜900mm)を39本打込み、建物を支持しています。

溶接閉鎖型フープ筋

建物の主要な構造部分の柱の帯筋には、溶接閉鎖型フープ筋を採用。地震時に粘り強さを発揮します。
※基礎梁仕口部を除きます。

コンクリート強度

建物の主要な構造部分にはFc27N/mm2〜Fc36N/mm2(設計基準強度)のコンクリートを使用。1m2あたり約2,700〜3,600トンの圧縮力に耐えられます。

コンクリートかぶり厚

建物の主要な構造部分の鉄筋を覆うコンクリートの劣化を防ぐため、日本建築学会数値に基づいたかぶり厚を確保しています。

ダブル配筋

戸境壁や床には、鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋を採用。高い強度を実現。厚さが増すため、ひび割れも起きにくくなっています。

住戸内遮音対策

居室に隣接する水廻り、排水パイプスペース等の壁には、約12.5mm厚のプラスターボードを床スラブから天井スラブまでの高さで設置し、遮音性に配慮しています。

外壁・戸境壁

住戸の外壁は約150mm〜180mm、戸境壁は約180〜200mmの厚みを確保。耐火性とともに、高い遮音性を保つことで、隣り合う住戸への生活音の伝わりに配慮した壁構造です。

二重天井

コンクリートスラブと仕上の間に空間を設けた二重天井構造を採用。将来のリフォーム時などに高いメンテナンス性を実現します。(一部の居室を除きます)

アウトフレーム工法

柱の出っ張りをなくし室内をすっきりとすることで家具などの配置もしやすく、スペースを有効に使うことができます。

複層ガラス

2枚のガラス間に空気層を設けることで断熱性にすぐれ結露も抑制します。

サッシ等級

全ての住戸に対し、T2またはT3等級のサッシを採用し、外部騒音を軽減し、室内の快適性を高めます。

住宅性能評価

確かな品質づくりを、客観的な「ものさし」で伝えることを目的に、第三者機関による「住宅性能表示制度」を取得します。

劣化対策等級3(最高等級)

暮らしに確かな安心と安全を備えるために。Brilliaならではの、先進の防犯・防災対策。

構造 防災 防災

防犯

トリプルセキュリティチェック

風除室およびエントランスホールのオートドアにはノンタッチキーによる認証方式を採用。専用部のセキュリティと合わせて幾重もの防犯対策を施しています。
※3種の対策は主要なマンション出入口からの経路に対するものです。

24時間365日対応のALSOKセキュリティ

自動通報により異常発生の際は適切に対応できる体制を整えています。

1stセキュリティ

2ndセキュリティ

ノンタッチキーシステム

エントランス等のオートロックには、キーをかざすだけでドアを開けられるノンタッチキーを採用しています。

共用部に非常用押ボタンと防犯カメラを設置

非常用押ボタンを押すと、防犯カメラやマイクを通じてALSOKに映像と音が流れ、必要に応じてスピーカーから音声で威嚇し、スタッフが現場に急行します。また、状況により警察署等に通報します。

エレベーターかご内モニター

かご内の防犯カメラの映像をモニターに映すことにより、不審者の犯罪を心理的に抑制します。

3rdセキュリティ

ディンプルキーとダブルロック

不正解錠や複製の困難なディンプルキーを採用。 また、ダブルロックの玄関錠により防犯性が高まります。

ダブル配筋

玄関前に防犯サムターンや鎌式デッドボルト錠を設置し、不審者による不正解錠を抑止します。

住戸内遮音対策

防犯セット時に不正侵入を感知する防犯センサーを全住戸の玄関ドアに設置しました。

住戸内遮音対策

来訪者を音声と画像で確認でき、風除室とエントランスホールのオートロックを解除できます。

「住んでからの安心」を実現する総合的防災ガイドライン。Brillia防災対策ガイドライン

構造 防犯 防災

防災

トリプルセーフティ

そなえる

共用部

専有部

まもる

共用部

専有部

AED

AEDを宅配ロッカーに設置。音声ガイドが操作方法を説明してくれます。

AED

対震玄関ドア枠

地震時にドアが開かなくなることを防ぐ対震玄関ドア枠を採用しています。

対震玄関ドア枠

地震対策機能付エレベーター

地震を感知すると、運転中のエレベーターを自動的に最寄り階まで運行します。

地震対策機能付エレベーター

家具転倒防止下地

地震の際、家具の転倒を防ぐために、家具を壁に固定できるようリビング・ダイニングとキッチンの一部の壁に下地を設けてあります。

対震ラッチ付キッチン吊戸棚

たすけあう

防災備蓄倉庫

生活物資などの防災備蓄品を共用部に保管しています。

Brilliaオリジナル防災リュック

万一の際に備え、防災リュックを全戸標準装備しています。

※1:地質及び杭概念図は、敷地内全ての地質の状況を示すものではありません。杭により軸径は異なります。 ※2:掲載のサッシ遮音性能は設計上の数値であり、実際のものとは異なります。 ※掲載の概念図については、実際のものとは異なります。 ※掲載の写真はモデルルーム(Jタイプ)を撮影(平成28年4月)したものです。写真内の家具・調度品等は販売価格には含まれません。

資料請求はこちら

来場予約はこちら

ページトップ